アキコカンダ モダンダンススタジオブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 新聞社・出版社 関係各位

<<   作成日時 : 2011/09/23 22:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

                                                             2011/09/23

新聞社・出版社 関係各位

 アキコ・カンダ モダンダンスカンパニー主宰のアキコ・カンダ(本名:神田正子)が、9月23日未明、都内の東邦大医療センター大橋病院にて、肺癌から併発した肺炎により永眠いたしました。享年75歳。
 昨年10月より肺癌を患い、芸能活動と闘病とを両立させてまいりました。
 先日、9月9日より11日まで行われました「花を咲かせるために〜バルバラを踊る〜」(青山円形劇場)は、輸血を続けながら、入院先の病院と劇場とを往復しての公演でした。
 公演後、体調を崩し、復帰を目指して闘病してまいりましたが、力及ばず、息を引き取りました。
 また、来秋、公開予定のドキュメンタリー映画「AKIKO あるダンサーの肖像 PART2」(羽田澄子監督)の撮影途中での、急逝でありました。
 生前のご厚誼を深謝申し上げ、謹んでご通知申し上げます。


 なお、通夜および葬儀告別式を下記の通り、執り行います。
●通夜: 9月27日(火) 18時より19時
●告別式: 9月28日(水) 10時より12時
●場所: さいたま市大宮区宮町3−6  東光寺 東光殿 048‐641‐0523
●お問い合わせ: アキコ・カンダ事務所 048−645−6551
●葬儀委員長: 青木秀臣(株式会社コスモ・スペース代表取締役)
●喪主: 神田邦彦(長男)
<担当葬儀社> アートメモリー株式会社 0120-644-996
                                                        
                       アキコ・カンダ事務所  
【アキコ・カンダ略暦】
 7歳からダンスを始め、1956年ニューヨークのマーサ・グラハム舞踊学校に入学、同舞踊団でソリストとして活躍。1961年帰国後、アキコ・カンダモダンダンスカンパニー主宰。これまでに芸術祭優秀賞(1969)、芸術祭大賞(74)芸術選奨文部大臣賞(88)、舞踊批評家協会賞(82・95)、紫綬褒章(98)、東京新聞舞踊芸術賞(2001)、旭日小綬章(07)など多数受賞。また、1985年に公開された「AKIKO あるダンサーの肖像」は、第一回東京国際女性映画祭で上映され、その年の文化庁芸術作品賞(映画部門)を受賞した。2006年、3冊目の写真集「AKIKO」(篠山紀信撮影)を出版。
 現在、宝塚歌劇団・宝塚音楽学校の講師および振付を担当。また新国立劇場バレエ研修所コンテンポラリー・クラス講師を担当。おおみや洋舞協会会長。

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新聞社・出版社 関係各位 アキコカンダ モダンダンススタジオブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる